2011-03-19

脱原発を誓う

★東日本大震災で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
犠牲となられた方々に衷心よりお悔やみ申し上げます。

★かんたろう合資会社は、原子力発電所は人智でコントロールしきれないものとして、日本だけでなく、世界の国々から消え去ることを望みます。

風力、地熱、太陽光、波力、、、などの持続可能な代替エネルギーへの転換を迅速に推進することを政府、企業に強く望みます。

科学技術の飛躍的な進歩により、遠い将来においては原子力発電が広く地域住民に受け入れられる高い安全性を有するものに絶対にならないとはいえないが、それはいつのことでしょうか。

原発における劣悪な労働環境も問題であり続けてきました。「現代の蟹工船」でもありました。

日雇い、下請けの方々を追い込み、危険な労働に継続に従事させる。秘守義務を契約させて問題の漏示を隠蔽する。

弱者を犠牲にした上で成立することをよしとする帝国主義的、市場原理主義的政策なのです。

今回の原発震災は現政権を含めて原発を推進してきた政府の責任が大きい。100%人災といっていいでしょう。

同時に、国民の責任も大きい。原発推進・対米従属政党である自民党、民主党に投票し続けたのは日本国民です。

代表の鈴木は、唯一、脱原発を基本方針に掲げる政党に学生時代より投票してきました。

しかし、周りの人々を説得し、あるいは、反対運動に加わり、具体的な行動をする積極的な脱原発派であったとはいえない。このことが大変悔やまれる。愚かであったと思います。

今後は、脱原発を社是として啓蒙活動につとめることを誓います。

自然食、オーガニックなどといっても最大の環境破壊、安全への脅威である原発を無条件に肯定するのは、個人としても、企業としても間違っていると考えます。

(かんたろう合資会社 ホームページ トップに掲載 http://www.kantaro.net/)
コメントを投稿