2011-03-13

エコ&安全大国をめざそう

東北太平洋沖を震源とする大地震が発生しました。

被害に遭われた方には心よりお見舞いを申し上げます。
寒さと飢え、様々な不自由と闘っている被災者の方々、がんばってください。

生存者の一秒でも早い救出を祈るばかりです。
・・・・・・・・・
ついに、福島第1原発の原子炉炉心溶融、爆発、という悪しき事態に。

このような事態のなかで、批判がましいことをいうのは気が引けますが、忘れたくないので書いておきます。

、、テレビ各局で解説している学者は見事なまでの御用学者たちのオンパレード。

「想定外」が口癖で無責任を装う

炉心融解に至っても「安全だ」を繰り返す。

枝野官房長官も同様の言い方。だまされんなよ。
(貫禄ある、信頼感がありそうな、、、ものいいにダマされてはいけない)

国家とグルになっての犯罪者集団だ。

原発推進は国家レベルの大犯罪である。

科学を装い、実は非科学的。

米国の市場原理主義による新植民地政策に基づく、戦争拡大と同じ原理。
「生命」などなんとも思わない、究極の覇権拡大。

日本政府もその手下なのだなあ、と今回も実感。

(食糧不足のニッポン。しかし、TPP推進論に隙をつかれてはいけない。蛇足)

連中はこんなことを言っています「炉心冷却用ポンプのバックアップ動力のディーゼルエンジンが起動しない確率は千分の一、二台同時に起動しない確率は百万分
の一、三台同時に動かないことはまずありえない、、」

どのような想定をしているのはわからないが、地震のエネルギーは人智を超えると言う感覚はないのですね。

マグニチュード9の直下型の場合はどうなのか。
米軍や自衛隊の戦闘機が誤爆したらどうなのか?

この辺の感覚は核ミサイルをミサイルで撃ち落とそうとする連中と同じ。ばかげ
ているのは、素人感覚でも十分感じられる。

莫大なエネルギーをもつ原子力エネルギーは完璧な制御が必要ですが、よくある
放射線漏れ、それが微量であっても「制御不能」をあらわしていることになる。

そうは思わなかったのは、御用学者達は?
良心はないのか?まともな、普通の感性の欠如。

福島第1原発、東電、日本政府は、ついに、一般人の方の被爆という事態を引き起
こしました。

日本は、これから、脱原発を推進し、新エネルギーの開発を進めるべきです。

エコ大国、安全大国として誇るべき国になってほしい。

このことは、国民ひとりひとりが自らの生活を、エネルギー浪費型ライフスタイルを大きく見直すことでもあります。

また、我々、いわゆる「自然食」「オーガニック」「健康」に関連する商品を企画開発販売する我々にとって、「脱原発」は大きな仕事であると強く思います。
コメントを投稿