2011-04-12

犬猫も被災者である

犬猫は人間ではない。人権はない。

法律に定めがあるかどうか知らないが、しかし、少なくとも犬猫は人間社会の一員であると思う。

人間と信頼関係を結ぶことのできる特別の存在だ。(猫になると、少々気まぐれで微妙な場合もあるだろうが、、、)

そのような彼らの信頼を裏切ることは倫理的に問題だ。

緊急事態、犬猫と人間ひとりどっちかしか救助できないとなれば、やむを得ず人間を助ける。しかし、生き残った彼らも仲間である。多くの避難所や被災住宅の生活は今も極限状態であるという。こんなのんきなことを言えるのは普通の生活をしているからか。

今回の震災でも多くの犬猫が死んだのだろう。生き残った彼らのうち避難所で暮らす者はとても肩身の狭い状況におかれ、栄養状態も劣悪だと聞く。

心あるボランティア達が彼らの状況把握と、犬の避難所の開設や犬猫の里親さがしに奔走している。彼らの健闘を祈るし、わずかながらの支援もしていきたいと思う。

NPO法人 日本動物介護センター
http://www.nihondoubutukaigo.com/

NPO法人エーキューブ
http://www.a-cube-sendai.com/

※ここではとりあえず、ペット全般ではなく、犬猫と言った。他のペットも同様に人間社会の一員という面もあるのだろう。しかし、じゃあ、飼いヒトデや飼いシーモンキーあたりはどうかと言われると言葉に詰まる。
コメントを投稿