2008-03-18

WordPressインストール可能な格安レンタルサーバー

レンタルサーバ 初期費用 月額料金 容量 備考
ロリポップ 3150円 263円※ 200MB +100円で500MBに増量
さくらのレンタルサーバースタンダード 1000円 500円 1GB

ライトコースはPHPなし不可

ハッスルサーバ 1000円 208円※ 500MB  
xrea なし 200円※ 3GB  
coreserver 1000円 500円 15GB  
next-space 500円 167円※ 500MB  

※12が月分先払い。 12ヶ月未満のプランを選択できるサービスもある。詳細は各HPへ。

wordpressMovableType(MT)よりもインストールなどがカンタンといわれますが、無料レンタルブログに慣れた方にはやはり少々難しく感じる場合もあることでしょう。

しかし、ほとんどの疑問はサーチエンジンを駆使することにより、回答を得ることができます。

ボランティア精神あふれる方々がHPやブログで、詳細かつ親切に自分の体験に即して、初心者に役立つ情報を載せてくれています。大変ありがたいことです。

私自身が、上記のレンタルサーバーを試用してみて、もっともインターフェイスがわかりやすく、Q&Aも充実していると感じたのは、ロリポップです。以前データセンターをさくらからGMOに変更した後、大規模・長期のシステム障害を起こしてたため、利用者のサイトがYahoo!インデックスから除外されるなどの混乱がありましたが、今は、落ち着いているようです。ただし、1サーバー当たりの収容数が比較的大きく、同サーバー内にヘビーユーザーがいる場合にはへピーになる傾向がある、との報告がネット上に散見されます。それに対して、新規参入組のハッスルサーバーは軽快でシンプルかつわかりやすいインタフェイスが評判のようです。next-spaceもさくらのレンタルサーバーライトコース(初期費用1000円+125円/月 1年分一括払い)クラスの価格でPHP他完備…と注目されています。それぞれの評判はネット上にたくさん載っていますし、どれも試用期間を定めていて1週間~10日間程度無料でお試しできますので、その間に実際にwordpressを設置してみて検討するのがいいでしょう。

・wordpressはMT同様に、HP作成機能があり、カテゴリーをメニュー化し、かつ、HP風のスキン(テンプレート)を使用することにより、通常のHP同様のデザインが比較的容易に作れます。更新は通常のHPよりも楽です。また、MTでは商用の場合、ライセンス料52,500円也(!)がかかりますが、オープンソースであるwordpressは無料です。この差は大きいですね。

コメントを投稿